鬼怒川温泉・日光観光

若竹の庄 夕食 合肴の鮎南蛮漬け

若竹の庄 夕食 合肴の鮎南蛮漬け

「一度、口の中をリセットしてくださいね」と担当の方がおっしゃって出てきたのが、合肴の「鮎南蛮漬け」。

 

若竹の庄,夕食,合肴,鮎南蛮漬け

 

酸味が丁度よく、このあとの後半戦のメインへ口の中がサッパリしました。
と、このいい塩梅の酸っぱさの魚が家にあったら、チビチビ2時間は引っ張れますね(苦笑)。ちなみに合肴に意味は↓

 

 

合肴(あいざかな)とは

日本料理の献立のひとつで、焼き物と煮物の間に蒸し物や揚げ物を出す場合に、多く使われる名称です。

page top
鬼怒川温泉・日光へ行ってきましたネットページTOPに戻る